院長  阿部敬典
日本小児歯科学会認定医
厚生労働省認可小児歯科専門医
徳島大学歯学部臨床准教授
 
徳島大学歯学部卒業
同大附属病院 小児歯科学講座助手として勤務
兵庫県医療法人 楠歯科勤務(歯周病科・一般歯科)
平成6年4月に開院
●兵庫県ADF会員
●徳友会会員
●日本ヘルスケア歯科学会会員


副院長  阿部典子
 
徳島大学歯学部卒業
同大附属病院 小児歯科学講座助手として勤務
平成6年4月に開院
●兵庫県ADF会員
●徳友会会員
 
 


歯科医師  上原早苗
 
徳島大学歯学部卒業
●兵庫県ADF会員
●徳友会会員
 
皆様のお口の健康づくりのお手伝いをさせていただきたいと思っています。どんなことでも気楽にご相談ください。
 


歯科衛生士  坂上
日本歯周病学会・認定歯科衛生士
 
 

受付けや治療中いろいろな場面で患者様に明るく優しい笑顔で対応することを心がけています。また、ムシ歯や歯周病予防のため、爽快感の得られる”歯のクリーニング”をお勧めします。
 
●発表題目

「喫煙と歯周病」
「歯肉を育てることを意識して」
「患者様の心に寄り添って」
「高齢の方のメインテナンスについて」
「歯周病治療のゴールの設定について」

など

 


歯科衛生士  栗本
日本歯周病学会・認定歯科衛生士
日本ヘルスケア歯科学会・認定歯科衛生士
 
 
当院では、お父様、お母様が治療を受けておられる間、小さなお子様を寝かせられるベビーチェアを用意しています。また、待合室には、ビデオ、絵本、玩具などをそろえています。スタッフはみんな明るくとても話しやすい雰囲気なので、安心して御来院ください。
 
 

●発表題目
「私たちが考えるSPT(サポーティブペリオデンタルセラピー)について」
「侵襲性歯周炎へのアプローチ」
「長期メインテナンスを通してみえてくるもの」
「インプラント患者様を担当して」
「歯槽骨の再生をめざして」

など

 


歯科衛生士  近藤
 
 
患者様が恐怖心なく治療を受けられるよう笑顔で迎えられるように頑張っています。歯周病は、生活習慣病です。患者様と共に考え、いつまでもご自分の歯でかめますよう、お手伝いさせていただきます。
 

●発表題目
V7を用いたブラッシング、つまようじ法について」
「プロフェッショナルケアとパーソナルケアの位置づけについて」
「プラークコントロールのモチベーションを得るために」
「新人研修について」
SPTでどこまで歯を守れるか」

 など

歯科衛生士  松本
日本ヘルスケア歯科学会・認定歯科衛生士 
 
 
明るく楽しく癒される歯科医院を目指しています。
 

●発表題目
「ムーシールドを用いて」
「メインテナンスに入るまで」
「中高生の口腔管理」
「ライフステージを考慮したケアについて」
「歯根破折を考える」

など

歯科衛生士  関野
日本ヘルスケア歯科学会・認定歯科衛生士
 
 
患者様の安心感を第一に考え、ていねいで優しい対応を心がけています。『もしも自分が患者だったら…』これが私のモットーです。
 

●発表題目
「電動歯ブラシについて」
「知覚過敏がおこるのはなぜ?」
「きめ細やかなメインテナンスのために」
TBIの難しさ」
X線のクオリティー向上を目指して」

など

歯科衛生士  天羽 
日本ヘルスケア歯科学会・認定歯科衛生士
 
 
私たちは乳児から大人まで幅広い年齢層の方に最適な対応・治療を行うよう心がけています。明るく居心地のよいクリニックです。患者様のお口の健康に寄り添えるよう日々向上心をもって取り組んでおりますので安心しておこしください。
 

●発表題目
「メインテナンスに入るまで」
「スキルアップのために」
「意識が変わるということ」
「在宅メインテナンスについて」
X線のクオリティー向上を目指して」

など

 歯科衛生士  岡本
 
 
医院全体がいつも明るくあたたかい雰囲気であるよう心がけ、患者様に不快感や恐怖感を与えず、気持ちよく治療を受けていただくよう努めています。
 

●発表題目
「メインテナンスに入るまで」
「あべ歯科医院における研修について」
「スキルアップのために」
「子どもたちをリスクから守るために」

など

歯科衛生士  長尾
日本ヘルスケア歯科学会・認定歯科衛生士
 
 
患者様に虫歯や歯周病の原因などを理解していただくために分かりやすく説明できるよう心がけています。一緒に歯を守っていきましょう。
 

●発表題目
「カリエス予防への取り組み」
「意識が変わるということ」
「ブラッシングの難しさ」
「歯根破折を考える」 


歯科衛生士  篠原
  
患者様に恐怖心を与えてしまわないよう、明るく丁寧に接することを心がけています。ご自分の歯で一生噛めますよう精一杯サポートさせていただきます。 

 ●発表題目
「プラークコントロールの大切さを実感して」


歯科衛生士  大本
  
患者様とのコミュニケーションを大切にしています。コミュニケーションを通して患者様と向き合い、お口の健康を一緒に守っていきたいと思っています。そのために知識を習得し、技術を高めるよう常に努力していきたいです。

 


歯科助手  宮北
 
いつも、治療の内容を患者様にわかりやすくご説明するように心がけています。お口の中で、少しでも気になるところがあればご来院ください。
 

 

●発表題目
「キシリトールによるミュータンスコントロールについて」
「小児の口腔衛生指導について」
「中学校における口腔衛生指導への取り組み」
「食育について考えよう」
「子どもさんに安心して来院していただくために」

など

受付・歯科助手  平井

 
来院された時の不安感や恐怖感を少しでも和らげられるよう、私が笑顔でお迎えいたします。お気軽にお越しください。
 

●発表題目
「愛される歯科医院を目指して」
「訪問口腔ケアを考える」
「患者様への説明ツールを考える」
「院内環境をととのえる」
 


 受付・歯科助手  森下
 
患者様とのコミュニケーションを大切にし、安心して通院していただきたいと思っています。託児もさせていただいていますので、お気軽にお申し付けください。
 

●発表題目
「院内環境をととのえる」
「認知症サポーターとして」
 


 受付・歯科助手  佐々木
 
あたたかい雰囲気を感じていただけますよう笑顔の対応を心がけています。お気軽にお話ししていただけたらうれしいです。
 

●発表題目 
「接遇を考える」
「認知症サポーターとして」